長崎県諫早市で交通事故によるむち打ち、痛みにお困りなら、玉里整骨院

交通事故に遭ってしまったら

交通事故に遭ったときに必ずしておくべきことがあります

必ず警察に連絡をしましょう


交通事故に遭った場合には必ず警察へ届け出なくてはいけません。
警察へ届け出ると事故証明を受け取ることができ、後々病院などでの治療や保険会社への賠償金請求などで必要になります。

必ず病院へ行きましょう。


大きな怪我がある場合は当然ですが、怪我がない、痛みもないと思っても必ず病院で検査を受けます。
万が一目に見えない部分に大きな損傷があった場合には取り返しがつきません。
数日経って現れる症状もありますから、そのときも必ず検査を受けましょう。

事故の際には当事者同士で話し合いをしてはいけません


当事者同士で示談交渉などを行うと必ず後でトラブルになりかねません。 必ず間に保険会社や警察に入ってもらうことにしましょう。 また、相手の連絡先、氏名、勤務先、自動車の登録ナンバーなどをしっかり聞いておき、携帯などで車などの写真を撮っておくのは有効でしょう。

事故の後出来るだけ早く保険会社へ連絡しましょう


あまり時間が経ってしまってから連絡をしても補償が受けられない場合があります。 怪我、むち打ち症などの治療を行う場合には保険会社にどこで治療を行うかをしっかりと伝えましょう。 勝手に治療先を変えると治療費の支払いに問題が生じてしまいます。

事故によって発生した費用についての書類は大切に保管しましょう


交通事故で怪我を負った、通院のためにタクシーなどを利用した、診断書の作成料など事故に関することで発生した費用は後で請求することができますので領収証などは大切に保管しましょう。

交通事故の目撃者、証人がいれば連絡先を聞きましょ9う


事故の状況によっては目撃証言が大きく結果を左右します。 もしも目撃者がいる、証人になってくれるという人がいた場合には連絡先を聞いておくといいでしょう。 記録を残せるものは写真やビデオを使って映像や写真を残しましょう。 過失割合などでトラブルになった場合の大きな証拠になります。

お問い合わせ・ご予約はこちらまで

玉里整骨院。0957-28-6168。mail@tamari-seikotsuin.com
TEL:0957-28-6168 mail◎tamari-seikotsuin.com アクセスマップ
TOPへ戻る