長崎県諫早市で交通事故によるむち打ち、痛みにお困りなら、玉里整骨院

交通事故、損害賠償や保険について

保険のこともまずはお気軽にご相談ください

交通事故漫画

損害賠償・法律的な対応の悩み

交通事故では自分の体調を一番気にかけなくてはいけませんが、損害賠償や示談という法律に関わる問題にも不安があることでしょう。

大きな問題として交通事故治療は、一定期間が過ぎ治療を続けても症状が固定した状態だと判断された場合には保険会社から治療の打ち切りを通行される場合があります。
まだまだ症状が良くなっていないのに打ち切られてしまうと困ってしまいます。 治療の効果には個人差がありますので、万が一打ち切りの通告を受けた場合、治療の必要性があれば当院で継続できるよう交渉を行いますのでご相談ください。
保険会社には治療中断について強制力を持ちません。

3つに分けられている事故の損害

交通事故では積極損害、消極損害、慰謝料の3つに損害を分けることができます。

交通事故による損害
●積極損害
治療費・交通費など
●消極損害
休業補償など
●慰謝料
精神的な損害

積極損害は治療費、通院交通費などの直接的にかかった費用をいいます。
消極損害はもし事故に遭わなければ得るはずだった利益の損失をいい、休業損害、労働ができなくなり将来得るはずの利益である逸失利益のことです。 慰謝料は精神的な損害に対するものです。

損害は傷害と後遺障害に分けて考えることもできます。
傷害には治療関係費、通院交通費、休業損害、慰謝料が含まれます。 積極損害として必要な治療にかかった費用すべてが認められます。 後遺障害には逸失利益、慰謝料、将来の介護料などが含まれます。 万が一後遺障害が残った場合には認定申請をしなくてはいけません。

交通事故に遭うとたくさんの苦しみを背負うことになります。 仕事をしなくてはいけないけれど治療もしなくてはいけない上に保険会社との交渉もある...。

当院ではそのような負担を減らし、治療に専念してしっかり治すために保険会社との交渉などを行います。

早期治療の重要性と交通事故治療

交通事故に遭ってしまったらできるだけ早く治療を行うことが大切です。
早い段階で治療を始めないと一生残ってしまう、つまり後遺症が残ってしまう可能性があります。 事故直後になんともなかったのに、しばらくしてから痛みや痺れ、頭痛や吐き気、倦怠感などさまざまな症状に苦しめられることになります。
事故直後に検査をし、異常がなければ筋肉や関節治療の専門である整骨院で治療を行うことがおススメです。

治療を行う場合には治療費がかかりますが治療費を気にして治療に専念できないという方もいらっしゃるでしょう。 でもしっかり治療をしなければずっと不調と付き合い続けることになってしまいます。

玉里整骨院では自賠責保険を使うことができますので窓口で治療費を支払うことはありません。 示談後に来院されても各種保険を取り扱っていますのでまずはご相談ください。

早期治療が重要です。治療費を気にせずしっかり治しましょう。

お問い合わせ・ご予約はこちらまで

玉里整骨院。0957-28-6168。mail@tamari-seikotsuin.com
TEL:0957-28-6168 mail◎tamari-seikotsuin.com アクセスマップ
TOPへ戻る